« 季節外れのキビタキ | トップページ | 高原の鳥たち(1) »

2014年6月16日 (月)

MFのチビカワ

今日はカメラをK-3からK-5IIsに変えて、位相差AFで撮影した。
小生のAF BORGは何が原因かわからないが(多分AFアダプターの相性だろう)AFが大きく前ピンになり、微調整の範囲内では調整しきれない。

K-5IIssは特殊な方法で、微調整範囲を拡大することができるので、前ピンを解消できている。

B007k52s8503

B008k52s8529

B001k52s8573

B001k52s8611

B020k52s8807

B019k52s8776

B031k52s9183

K-3では専らコントラストAFで撮影しているが、動きの早い被写体ではチャンスを逃す事が多いので、位相差AFの精度も上げたいのだが、調整しきれない。

|

« 季節外れのキビタキ | トップページ | 高原の鳥たち(1) »

Birding」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節外れのキビタキ | トップページ | 高原の鳥たち(1) »