« K-01試し撮り 3 | トップページ | チョウゲンボウ 2 »

2012年3月27日 (火)

チョウゲンボウ

今の時期(今年だけ?)は小鳥が見られないの,以前から気になっていた猛禽を撮影するために、パートナーといっしょに地図を便りに出かけた。運良くポイントにたどり着き、チョウゲンボウの夫婦を見ることができた。雄は少し遠い所に止まっていたので、専ら雌を撮影した。

K-01  BORG ではピントを合わせるのに少し手間取る感じがするが、それは画面上でピントの山がはっきり分かるために、マニュアルでフォーカシングしたくなる事が原因で、AFを信じてシャッターを切れば、K-5より劣る事はない様に感じる。フォーカスの外にブレも液晶の拡大画面でははっきり認識できるので、ブレが止まるのを待ってシャッターを切ることになり、もたつく感じになる。しかし、これらは歩留りの向上につながるので、結果的には効率が良いことになる。

チョウゲンボウ♀
A01imgp9984

A01imgp9539


A09imgp9745

雌が突然地面に降りて、砂浴びを始めた。
A02imgp9593

A03imgp9640

A06imgp9581

A08imgp9564

砂浴びの後は、テレビのアンテナの上で一休み。
A02imgp9791

A02imgp9984a

A04imgp9756

A05imgp9801

K-5からK-01に替えてみて、今までのフォーカスの歩留りの悪さが、機体ブレによるものであることが、しっかり認識できた。1300mmだと風による機体ブレのすごさがはっきり分かる。K-5でも同様の現象が起こっていたのが、ファインダーでは分からなかっただけだったのか。

|

« K-01試し撮り 3 | トップページ | チョウゲンボウ 2 »

Birding」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« K-01試し撮り 3 | トップページ | チョウゲンボウ 2 »