« ルリビタキでAF評価 | トップページ | NIKON V1慣らし運転中 »

2012年1月 8日 (日)

D3 vs V1

PENTAX K-5 と K-r を修理に出した。久しぶりの新宿、お上りさん気分である。
K-5は、ファインダーの保護ガラス破損、K-rは、電子ダイアル動作不良。
ついでに、AFの調整をお願いした。

修理が終わるまで、NIKONを使うことになる。
というわけで、今日はNIKON D3とV1と 600mm F4 +1.4テレコンを持って出かける。
V1 と D3 を同じレンズで比較する。 600mm に  1.4xテレコンをつけるので、V1 では2,268mmにもなる。

ルリビタキ V1 2,268mm  ピントがあまい。
Aa02bdsc_2699

ルリビタキ  D3 840mm(以下3枚)  こちらの方がピントがしっかりしている。
Aa10bpap_3141

Aa12bpap_3256

Aa12pap_3249

カワセミ  V1 2,268mm
Aa07bdsc_2973_01

V1 2,268mm
Aa31dsc_3856

D3 840mm
Aa08pap_2871

V1 と D3 を比べると、明らかにV1の方がピン甘である。AFの精度がD3よりも劣る様だ。
位相差AFの原理と精度については、もう少し勉強する必要を感じるが、高級機でAF微調整機能を搭載している事実から考えて、この結果は納得できる。AF微調整が付いていないV1では、AF後マニュアルで追い込めば良いのだろうが、電子ファインダーでうまくいくか、どうだろう。

|

« ルリビタキでAF評価 | トップページ | NIKON V1慣らし運転中 »

Birding」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ルリビタキでAF評価 | トップページ | NIKON V1慣らし運転中 »