« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の記事

2011年10月31日 (月)

明日から11月

今日で10月が終わる。エゾビタキ、コサメビタキ、キビタキ楽しませてもらった鳥たちは、南に去って行ったのだろう。

選手交代で、ジョウビタキ、ホオジロ、アオジ、モズなどが姿を表し始めた。

しかし、今日は季節を感じさせる鳥たちには会えずじまい。

O池では至近距離で撮影できる。
A01b77_7021_04

A02b77_7085

A03b77_7098

S池のカワセミ O池のとは別の個体
A17b77_7447

S池  コガモとカイツブリの2羽目がやってきた。
A04b77_7249

ジョウビタキ♀(初見)  遠くて暗い
A01b77_7587

| | コメント (0)

2011年10月24日 (月)

2食持参で

早朝、朝食抜きで出かけることを、昨夜家族に宣言していたので、6時半に家を出た。
7時前にエゾのポイントに着いたが、すぐに雨が降ってきた。雨宿りをしながらエゾビタキを探す。
2羽のエゾの他に、シジュウカラに連れられた混群(今日は特に数が多かった)の中に、ヤマガラ、エナガ、コゲラ、キビタキ♀それにコガラが混じっていた。

雨が止んだ午後、先日見ることができなかったジョウビタキの♂にも会うことができた。
朝食、昼食を持参した9時間に及ぶ楽しいバーディングだ。

エゾビタキ   もういなくなったのかと思ってきたが、少なくともまだ2羽残っていてくれた。
A01b77_5770

A02b77_6049

A04b77_6825

エナガ  可愛い小鳥だが、しじゅう動き回っているので、良い写真は少ない。
A01b77_5933

ヤマガラ  エゴの実が好きと聞いているが、エノキの実も好きなのだろう。
A11b77_5715

ジョウビタキ♂  今シーズン初めてである。ラッキーnotes
A08b77_6320

A07b77_6325

キビタキ♀  くらい水場にて
A06b77_6525

A05b77_6634

カワセミ  カメラの構成を変更した後の評価用に、この位置のカワセミを使う。
今回のチューニングの結果はどうだろう。
A01b77_6194

A09b77_6191

| | コメント (0)

2011年10月21日 (金)

ようやく秋の気温に

今日はBORG45EDIIを使い始めたパートナーと一緒。
天気が気になるが、何とか持ちそうだ。
Myfieldでは、沢山の小学生の団体が広場を埋めつくしているが、幸い探鳥ポイントは比較的静かである。

BORG77EDII、45EDIIとも、クローズアップレンズをカメラ本体に近づけた。
焦点距離が長くなる(F値が大きくなる)。AFの効き具合にどんな影響が出るか、画質が改善されるか試した。  画質についてはまだ確認できていないが少し大きく写って、AFの効きにも影響が出ていないようだ。

カワセミ
A19b77_5320

上空にトビが..
A08b77_5342

カイツブリ
A04b77_5435

ドジョウと格闘中
A03b77_5465

キビタキ♀ 
A16b77_5521

やっと♂が登場  暗くてSSが上がらず、ISO12800に(ノイズが多すぎ)
A01b77_5604

アオサギ  45EDII パートナーの手持ち撮影 (手振れ防止で補正できないほど揺れる小生ではこうはいかない)
A01imgp0677

| | コメント (0)

2011年10月17日 (月)

撮影技術はまだまだだが

エゾビタキはまだいてくれた。秋らしくない異常な気温と湿度に戸惑っているのかもしれない。(2,3日前にはクーラーを使ったほど)impact

今日は常連の方は少なく、初めてお会いする人が多かった。我々のように日を置かずに通っている者は、野鳥観察というよりも良い写真を撮りたいという思いだ。

小生にとっての「良い写真」とは、今は構図ではなく「いかに細部まで表現できるか」である。
ピント、カメラブレ、シャッタースピード、感度の順だ。(BORGは絞りがないのでピント精度が重要だ)

AFのチューニングを入念に行い、撮影中にもAFボタンを頻繁に操作して連写。
ミラーショックを軽減するために、レンズの先を手でを抑える(今日から三脚をロクヨンに使っていた剛性の高いものに変更した)。  その結果か、今日は比較的良い結果が得られた。

エゾビタキ 近距離で撮影できたので細部まで表現できていると思う。
A10b77_4201

A01b77_3520

A11b77_4224

A01b77_3575

A03b77_3565

マガモ♀? カルガモの昼寝に紛れていた。
A13b77_4276

キビタキ♀  何度も水浴びをするが、このキビタキは羽が濡れない。
A16b77_4483

A18b77_4518

カイツブリ  孤独を楽しんでいた
A17b77_4637

A20b77_4603


| | コメント (0)

2011年10月12日 (水)

エゾビタキそろそろお別れか

エゾビタキの群れも少しずつ去っていき、残り少なくなってきた。はじめのうちは一緒にいたコサメビタキほほとんど見られない。
大好きなミズキの実はまだ沢山残っているので、もう少しいてくれると良いのだが。

エゾビタキ
A09b77_2912

A12b77_2942

A14b77_2963

A20b77_3068

今日は、3箇所のFieldを回ったので、少々くたびれた。

| | コメント (0)

ノビタキはいなかった

先日ノビタキらしきのがいた境川に、確認にいってみた。
しかし、ノビタキはもういなかった。

いつもは、グラウンドに多くの人出があるが、今日は少なかったのでゆっくりと探索していると、キジ、イソヒヨドリ、カワセミが近くにやってきた。

キジ
A01b77_2164

イソヒヨドリ
A27b77_2591_2

A03b77_2521_2

カワセミ
A01b77_2289_2

A02b77_2364_2


| | コメント (0)

2011年10月 9日 (日)

ダブルヘッダー

昨日は夕方逆光で条件が悪かったので、家族揃って、早朝(といっても8時)に再挑戦。
今日もノビタキ♀2羽が元気に遊んでいた。 2時間ほどして、第二のサイトに移動し、夏以来のセッカに挨拶しようと思ったが、いたのはノビタキ。

ノビタキ 
A48b77_1154

A30b77_0940

A39b77_0837

A29b77_0955

ノビタキ?   境川にて   BORG 45EDII 手持ち
A24imgp9476

| | コメント (0)

2011年10月 8日 (土)

ノビタキ

家族でノビタキを観察に出かけた。3羽いたらしいが、今日は2羽だけ。冊の上に留まっていることが多いが、時折里芋の葉っぱや、ススキ、稲藁、ロープなどに留まってポーズをとってくれる。実に可愛い。

ノビタキ♀  スズメ目ツグミ科  (ヒタキ科ではないのだ)
A02b77_0372

A12b77_0664

A06b77_0472

A04b77_0435

A01b77_0346

A01b77_0378

PENTAX K-5     BORG77EDII    PENTAX AFアダプター

| | コメント (0)

2011年10月 6日 (木)

前夜からの雨が朝には上がっていた。今日は久方ぶりにパートナーと二人で...
雨の影響か、エゾ、コサメ共に数が少ない。

パートナーは、今シーズン初めての出陣とあって、会う人ごとに話が弾んでいる。

カメラ(BORG)の微調整の結果を確認しながら、慎重にシャッターを切った。
(同じ鳥を、同じ背景で、漫然と撮影するのは有意義とはいえない)

エゾビタキ  熟した実をつけるエノキの葉を背景に
A05b77_9517

A06b77_9491

好物のミズキの実を食べている
A07b77_9416

A08b77_9399

空ヌケ写真も、青空ならば許せる?
A09b77_9343

ミズキの水場には、雨水がたっぷりだが、ここに来なくても渇きは潤せるのだろう。
一度だけやってきた。
A12b77_9530

A13b77_9542

カワセミ  久しぶりにK池で
A03b77_9604

カイツブリ  S池  幼鳥の様だ、一人で来たの?
A01b77_9687

| | コメント (0)

2011年10月 4日 (火)

楽しい一日を過ごせました

9時半に到着した時はすでに20人以上のCMが待機していた。平日なのにと思ったが、自分も含めて、大半は休日平日関係ない方々なのだろう。今シーズン初めてお会いする方もおられ、楽しく談笑できた。

コサメビタキを目指してやってきたが、飛び回っているのはエゾビタキばかり。
先輩に教えてもらった、少し離れた場所で撮影することができた。

さらに、ミズキの水場で4羽のエゾ、別の水場でキビタキ♂と充実した日を過ごすことができた。

エゾビタキ 
A03b77_0455_01

A04b77_0431_01

A05b77_0423_02

A17b77_0018_01

コサメビタキ   この鳥はAFが効きつらい
A01b77_0107_01

A16b77_0106_01

モズ  アリスイのポイントに今年もannoy
A21b77_0155_02

キビタキ  暗くてシャッタースピードが上がらず苦労しました
A11b77_0305_02

A09b77_0352_02

AFの迷いを改善するために、構成を変えてみた結果、改善は見られるが完全とはいえない。 AFが迷うのではなく合焦していないのにの合焦のサインを出してしまう。始末が悪い。

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

池のほとりで

昨日の異常な暑さは、一夜明けた今日、前線の通過ですがすがしい秋の気候に戻った。
エゾビタキ、コサメビタキは二つのポイントで見られるが、今日は休日だから、人通りの多いポイントは撮影が難しい。

いつもの高木留まりを撮影した後で、場所を変えてじっくり観察することにした。

高木留まり エゾビタキ
A01b77_0247

A06b77_0216

コサメビタキ
A10b77_0082

池のほとりで、待っているとエゾビタキ、コサメビタキが水を飲みにやってきた。
A22b77_0208_01

A37b77_0029_02

A39b77_0007_02

A23b77_0179_01

キビタキ♀も
A24b77_0151_01

そして、モズも
A31b77_0192_02

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »