« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の記事

2011年7月29日 (金)

Mini BORG投入

サブ機としてMiniBORG 45EDIIを使うことにした。Aafborg45edii_2
  カメラ : PENTAX K-r
  リアコンバーター : PENTAX  AFコンバーター
  レンズ : BORG 45EDII

400mm(35mm換算600mm)  開放F値 9.5    重量 : 1.35Kg
まだ調整が終わっていないが、試し撮りに行ってきた。

セッカ
Aimgp0339

オオヨシキリ
Aimgp0518

これまで、サブ機として使っていたNIKON D300  80-400  重量2.3Kgに比べて、明らかに解像が良い。何より、軽いのが良い。

同じ場所で、BORG77EDIIで撮った写真

セッカ   このセッカは、葦に留まったままでヒィヒィヒィと鳴いている。
Aborg9699

Aborg9707

オオヨシキリ   葦原から音もなく這い上がってきた。
Aborg9656

Aborg9658

MiniBORG45EDIIは、ヘリコイドなしにしている。ドローチューブの伸縮が必要な場合があるが、通常の撮影範囲ではその必要性は少ない。(小さいヘリコイドがあった方が良いかもしれない)


| | コメント (0)

2011年7月26日 (火)

セッカ

ヒィヒィヒィ........ジャッジャッジャッ  鳴き声が聞こえる時は空中を舞っている。
飛んでいる姿を捕らえるのは、小生の腕でははなはだ困難。かといって地面に下りたら、どこかに潜ってしまい、これまた撮影困難。

今日は場所を決めて、じっくり構えてチャンスを待った。1時間2時間経つと、行動パターンが読めてくる。ヒィヒィヒィと鳴かないで低空を飛んだ後がチャンスであることがわかった。


セッカ

Aborg8988

Aborg9158

Aborg9074

Aborg9123

Aborg9087

キジ
Aborg8705

| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

BORG安定期へ

鳥の端境期の今、去年は6月に3回、7月には2回しか訪れていない。今年は6月に6回、7月は今日までに4回来ている。自身で作り込んでいける機材を使い始めて、鳥を見る気持ちが少し変わってきたようだ。カワセミ、アオサギ、ツバメだけでも面白い写真が撮れる気がする。

去年は諦めていた、池の対岸に止まるカワセミを狙うようになったのだが、その理由は、BORGの方がこの距離でもクリアーに撮れるのではないかと思うからだ。ロクヨンよりクリアーかどうかはまだ確認できていない。

ロクヨンからBORGに変えて4カ月、新しい機材がどうにか安定してきた今、そろそろ評価をすることを意識して撮影しようと思う。

カワセミ  1羽がときたま現れる。餌を持ち帰ったので、2番子が生まれたのだろう。Aborg7925

Borg7982

Borg7975

アオサギ  ゆったり、のんびりながら時折楽しい動作をする。
Aborg7800

1

| | コメント (0)

2011年7月22日 (金)

ヒバリ

AFの改善を再確認するために、先日来失敗が続いていた境川のヒバリ撮影に出かけた。
ペアがいつも遊んでいるグラウンドは、今日は子供たちがサッカーで遊んでいる。
だめかもしれないと思っていたら、上空で囀りが聞こえてきた。
ホバリングの撮影には失敗したが、幸運にもすぐ目の前の芝生に降りてきた。

ペアのツーショットを期待したのだが、なぜか並んでくれない。

Aborg7204

Aborg7291

Aborg7186_2

Aborg7391_2

Aborg7258

Borg7664

Aborg7710

セッカの鳴き声が聞こえるのだが、一度もシャッターを切る事ができなかった。

 

| | コメント (0)

2011年7月18日 (月)

問題解決か

新構成のBORGで撮影をしたら、AFのピントが甘い事が判明した。先日のヒバリの撮影でピントの甘さに気がついたのだが、初めてだし、撮影技術が問題の可能性もあった。
しかし、状況を意識しながら、再度ヒバリを撮影しても、状況は変わらなかった。
PENTAXのAF微調整を限界まで後ピンに設定しても、前ピンが改善しない。

考えあぐねて、先輩に相談して解決策を教えてもらった。(ありがとうございました)
その結果が今日の内容である。(ピントに限れば、大幅に改善した)

カワセミ
Aborg6942

Aborg6876

Aborg6628

Aborg6779

Aborg6681

Aborg6678

Aborg6560

アオサギの食事
Aborg6822

ウチワヤンマ
Aborg6974

BORGとPENTAXの組み合わせは、当然自己責任の世界である。カメラが提供するAF機能の中で最高の性能を発揮するように、BORG側でがんばるしかない。
BORGにはそれができるさまざまなパーツがある。それが魅力である。

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

BORG構成変更

カメラの構成を変えた。左の写真が変更後である。

20110707borg2 Cimg89151

変更の目的は、重量バランスの改善と使い勝手の改善である。
三脚座の後ろの長さを縮小して、代わりに前を長くした。(全長はほとんど変わらない)
ヘリコイドMをM57ヘリコイドLIIに変えた事で、可動距離が可動距離が19mmから36mmに増え、ドローチューブを動かさずに合焦できる範囲が拡大した。
見た目も良くなったのだが。肝心の写真の写りの方は??

昨日去年より2週間早く梅雨があけた。
かんかん照りの境川でヒバリの撮影に成功。(初めてである)

ヒバリ ♂  空の上でピーチク鳴いていたのを見ていたら、グラウンドの芝生に降りてきた。
Aborg4458_2

Aborg4450

ヒバリ ♀
Aborg4425

| | コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

腕磨き

ここ2、3日天気予報ははずれが続いている。傘マークが出ていたのに、カンカン照り。
上空の寒気がどんなふうに悪さをするのか、予想が難しいのだろう。

先週は孫が遊びに来たので、忙しくおじいちゃんをしていた。

一週間ぶりのMyFieldである。3時過ぎに入って6時前までS池で過ごす。
満足できる写真が撮れるようになるには、何をおいても数をこなすことだ。

アオサギ
Aborg3273

Aborg3328

カルガモ  3羽 (♂2羽、♀1羽) 
Aborg3313

Aborg3359

カワセミ  2番子が生まれたか?  餌を運んでいる。
Aborg3446_2  

Aborg3684

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »