« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の記事

2011年6月29日 (水)

避暑??

暑い暑い暑いannoy  MFも暑いが、木陰はあるし、時折涼しい風も通る。 M池で鳥仲間との会話の合間にカワセミ(若)2羽を時折撮影して、夕方まで時間を過ごした。

BORGの調整は、ほぼ満足、動作は安定している。

カワセミ(若)
2011062906

2011062908

2011062903

2011062904

AFアダプターは、へこんでいる3番ピンを6番ピンと交換した。こう書くと簡単だが作業は大変。バネ、ピン(どれも小さい)がピョンピョン、コロコロ、元通りにするのを半分諦めかけた。

| | コメント (0)

2011年6月28日 (火)

ちょっとスランプ

クローズアップレンズをNo.3からNo.2に変えて、焦点距離は伸びたが、その代わりピントが甘くなった。原因はAF微調整にあるのかと思ったが、それだけではないようだ。
焦点距離が伸びた分光量が減ってAFが不安定になっている。

結局クローズアップレンズはNo.3に戻して今日、再挑戦したのだか、結果はサンザンである。歩留りが非常に悪い。(合焦サインが出ているのにピンぼけの量産)
気落ちしているところを大先輩のMさんから、アドバイスやら情報を貰って、再々挑戦する気力が出てきた。

アオサギ  田圃でドジョウを..
201106281

S池で。 暑さしのぎ? (犬と同じ理由だろうか)
201106285

ムクドリ  コムクドリではなく若ムクドリの群れが飛び回っている。
201106282

カワセミ  幼鳥が3羽遊んでいた。シャッターチャンスはたくさんあったが、ほとんどピンぼけ。
201106284

家に帰って、カメラの調整に、まじめに取り組んだ。(不安定要素を排除するため)
   ・クローズアップをNo.3に変更。
   ・鏡筒内をチェックして、光っているところに植毛紙を追加
   ・AFアダプターの接点を調整、Mさんの挑戦と同じ。 (意図した接続の安定化を図るため)

| | コメント (0)

2011年6月20日 (月)

オナガの巣作り

オナガのペアが梅の木に巣を作っているらしい。
ビワの木の下から苔を運んでいる。(時々ビワの実を食べながら)

電線に止まったり、遠くのビワの木に止まったり、巣があるらしい梅の木に潜ったりで、良い写真が撮れない。気長に待っていくつかのシーンを撮ることができた。

今日はBORGの構成を変えたので、現地確認が目的であった。
クローズアップレンズをNo3からNo2変え、合焦点の変化に合わせて鏡筒を延長した。
これで、焦点距離が20%長くなる。

使い勝手は問題なく、AFの動作も問題はなかったが。帰ってPCで見るとピントが甘い。
AF微調整を変える必要があるようだ。
(位相差AFの仕組みを、完全に理解していないので良くは判らないが、焦点距離が変わると調整が必要なのかもしれない。原理はいづれしっかりマスターしたい)

オナガのペア  オナガは姿は良いのだが、声が......
12

08

07

03

06

11

ハトが集団で飛んでいた。
01

家で実験したら、この構成ではAF微調整を-2ではなく+4にした方が良い結果が得られた。
もう少し緻密に調整して再挑戦するつもりだ。

| | コメント (0)

2011年6月14日 (火)

5度目のオオヨシキリ

柏尾川にオオヨシキリを観に行った。 実は昨日も行った。5度目のオオヨシキリである。
ここでは、至近距離に止まって、大きく口を開けて、「ギョギョギョ.....」と鳴く。
小鳥らしからぬ鳴き声と、人間を小馬鹿にしているような小生意気な態度に興味をそそられる。

オオヨシキリ  スズメ目ウグイス科 18cm
201106141

201106142

201106143

Aborg0959

201106147

これは、昨日のオオヨシキリ(多分同じ個体)
201106131

アマサギ
  コウノトリ目サギ科 アマサギ属  46~56cm  夏羽になっていない。201106145

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

BORG仲間

MyFieldのBORGが10人になったそうだ。短期間にすごい勢いで増加した。

今日も、チューニングの成果確認にやってきた。写り具合は現場でないと確認できない。
特に鳥の羽の写り方が大事である。

AF微調整を-2にしてどうなるか。結果はほぼ満足できる状態になった。(と思う)

カワセミは子供たちの為にせっせと餌を運んでいる。
02

時々自分のおなかにも入れるが、
06

尻尾からくわえている時は、お持ち帰りである。
05

かなり写りが良くなったと思う。
08

アオサギ  微細に写るようになるとアオサギも良い被写体である。
09

BORGの調整は、これで終わりとはならないだろう。仲間との会話で、次々と試してみたくなる事が伝わってくる。これが面白い。

| | コメント (2)

2011年6月 6日 (月)

セッカが...

3度目のオオヨシキリ狙い。(ちょと異常かな)

家から近いし、近距離で撮影できるのが魅力なのだが、それよりも、オオヨシキリが好きなのである。

オオヨシキリをひとしきり観察し終わって、ベンチで休憩しながらセッカを待った。
草むらから飛び上がって空中を舞ってさっと草むらに隠れる。撮影が難しい鳥だが、隠れる直前にチャンスがある。

周期的に舞い上がるので、じっくり時間をかけて何枚か撮ることができた。

セッカ  スズメ目セッカ科  12.5~13.5cm
Borg8678_2

オオヨシキリ
009

オオヨシキリ
010

016

PENTAX K5 の AF微調整が不適切で、ピントが甘い。
+7は間違いのようだ。

| | コメント (0)

2011年6月 4日 (土)

もう一度オオヨシキリ

昨日のカメラ談議で、先輩から教わった修正点を、早速実施したので、試し撮り出かけた。
先日パートナーと行った境川下流。午後3時に家を出たので、オオヨシキリのポイントは逆光。それに風が強く、撮影条件は最悪。

幸運にも、いつもの葦原ではなく、反対側の樹木の中からギョギョゲッゲッゲッが聞こえる。
風で大揺れの枝で見え隠れする目標を捕らえた。

Aborg7850

Aborg7870

Aborg7842

Aborg7874

AF微調整を+7にして撮影している。しばらく様子を見よう。

| | コメント (0)

2011年6月 3日 (金)

カメラ談議

久しぶりのMF,ヤマボウシ、ウツギ、イボタノキ 純白の花が目立つ季節である。
S池にBORGが6台集まった。77EDⅡ 4台と ミニが2台。早速カメラ談議に花が咲く。

今月末発売の50FLの価格が気がかりである。

鳥は少ないが、カメラの調子を試す、腕を磨く目的で撮影した。

カルガモ
Aborg7117

Aborg7227

Aborg7262

Aborg7264

カワセミ
Aborg7298

Aborg7335

Aborg7477

Aborg7516

アオサギ
Aborg7212

| | コメント (0)

2011年6月 1日 (水)

オオヨシキリ

気象庁が梅雨入りを宣言した。今日は曇天、日中は雨は降らないとの予報である。葦原での撮影は曇り空が適している。

予報に反して、途中から車の窓に雨粒がポツポツと当たり始めた。資料館で雨宿りをしながら待つ間にも、セッカやオオヨシキリの鳴き声が聞こえた。

オオヨシキリはあの独特な鳴き声と、髪を逆立てて大口を開ける、ちょっと小生意気な姿が可愛いので、この時季の楽しみである。

Aborg6917

Aborg6921

Aborg6931

アオサギのペアが追っかけっこをしていた。時節柄いつもよりもきれいである。
Aaborg7034

BORGの結果はまだ満足ではない。ピントの甘さ、コントラストの不足を改善する必要がありそうだ。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »