« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の記事

2011年5月20日 (金)

孫との再会の前に

2才になったばかりの孫娘が保育園の運動会に出るというので、応援にいくことにした。
ついでに、(と言って良いかどうか)信州で探鳥してきた。

例年よりも一寸早かったので、ミズバショウやカタクリの花を楽しみながら、幸運にもたくさんの鳥たちに会うことができた。

アオバト
Aborg4886_2

アカハラ
Aborg4738

アカゲラ
Aborg5225

ゴジュウカラ
Aborg5455

キビタキ
Aborg5145

コサメビタキ
Aborg5299

クロツグミ
Aborg5051

ミソサザイ

Aborg5834

| | コメント (0)

2011年5月18日 (水)

BORGチューニング一段落

BORGに切り換えてから、出かける毎に設定や構成を変えて様子を見てきたが、ここに来てほぼ満足できる状態になってきた。
チューニングの目的は、写真の出来ばえと使い勝手を最良にする事と、何ができないのかを知る事である。

調整箇所が手持ちの部品を使うだけでも、多数の組み合わせが可能であるが、何種類か選べるクローズアップレンズとカメラとの位置を決めて、実用上の.遠端と近端で合焦するか、操作性は良いか(AFアダプターの自動合焦でカバーできる範囲が広い方が使いやすい)を見ながら、鏡筒の長さを決めるとになる。

カワセミ
Aborg4433

Aborg4486

オオソリハシシギ
Aborg44091

Aborg4357

アオサギ(首から上)
Aborg4631

まだ何となくフォーカスがあまい感じがする。原因として考えられるのは、

カメラブレとAFの精度だろう。しばらく様子を見ることにする。

| | コメント (0)

2011年5月15日 (日)

My作品展

今日は、MFで年に2回行われる作品展
この里山をテーマにした作品(写真、絵画、彫刻など)が展示される。
小生もちょっぴり出展。  先輩諸氏のすばらしい作品(鳥の写真)は大変参考になる。

コミュニティの会議があったので、作品の持ち込みはパートナーに頼んで、午後から参加した。 展示当番の合間に、昨日から来ているオオソリハシシギの撮影に抜け出した。

Aborg4176

Aborg4205

Aborg4276

Aborg4291

迷い込んだシギ君は、田植えの準備で耕したばかりの田圃で、ドジョウを追いかけて喜んでいる様子。 子供が近づいても驚く様子は無い。

BORGの構成を変更した。今回の構成が一番良い様に思える。
 

| | コメント (0)

2011年5月14日 (土)

迷鳥?

オオソリハシシギ  (大反嘴鷸) が田植え前の田圃で餌を探していた。迷い込んできたのだろう、MFでは初めて会う鳥である。

Aborg3701

Aborg3959

Aborg3969

Aborg3996

今日は午後から、水場に直行した。到着直後にハヤブサが、しかし、準備不足でピンボケ。  ここでシギの話を聞いて、シギのポイントへ急行し、戻って来ると、変化なし。結局この日は、この一回だけだったらしい。Aborg3552

以前は大汗をかいたはずである。カメラが軽くなった事が、こんな時には大変ありがたい。

| | コメント (0)

2011年5月 9日 (月)

東富士リベンジ

一週間前に訪れた東富士に、今度はパートナーと二人で挑戦した。

前回楽しんだミソサザイが居てくれるに違いないと、期待に胸を膨らませてやってきた。
ミソのポイントは駐車場から300m、盛んにさえずっている声が聞こえる。

しかし、前回見つけておいた巣には近寄らず、遠くの方でピョコピョコ飛んでいる。
しばらく待って、近くにやっては来たが、ゴチャゴチャの枝に隠れて、絵にならない。

ミソサザイは結局どこかへ行ってしまった。

少し上の広場で、パートナーが発見したゴジュウカラの巣穴に狙いを定めて、弁当を食べながら、じっくり観察した。

ゴジュウカラ スズメ目ゴジュウカラ科 全長14cm
_bor28487

_bor29307

_bor27977

_bor2689

_bor28587

_bor30278

BORG 77ED II  +  AFアダプター + PENTAX K5

| | コメント (0)

2011年5月 8日 (日)

フルタイムバーディング

駐車場が開く6時を目指して家を出た。尾根道を回って水場に行く。すでに数人のカメラマンが待機している。

今日はPENTAXの設定を絞り優先にした。
BORGの方もクローズアップレンズの位置を変えている。

水場の奥ではヤブサメが鳴いていが、撮影する自信がない。

シジュウカラ 口いっぱいにコケをくわえて巣作りに忙しい。 
Aborg2097

メジロ 気が遠くなるほど待って、ようやく現れたのがこれ。
Aborg2227

エナガ 幼鳥 これも一瞬
Aborg2263

センダイムシクイ  本命?(本当に待っていたのはヤブサメ)
   頭央線がはっきりしていないが、多分間違いないと思う。
Aborg2290

コゲラ 
Aborg2352

10時間以上のがんばりを互いに讃えあって帰途についたが、帰り道でカワセミに遭遇
Aborg2390

元気なオスがペアのメスに餌を与えたり自身で食べてしまったりしながら飛び回っていた。
Aborg2492

くわえた海老、これは、自分のおなかに。
Aborg2525

今日は、これぞBORGという写真が撮れた。(と思う)

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

ヤブサメ

午後、水場に行くと、BORG仲間が数名。先輩に注意事項や新しい情報を貰い、最近の写真を見せてもらった。実にきれいに、精細に撮れている。
シャッターチャンスや構図は別にして、とりあえず精緻な絵を撮りたいものだ。

午前中は、心ゆくまで撮ったらしいと云う話を「負け組仲間」でしながら、待つことしばし。
諦めかけたときに、ついに現れた。
Borg18941

この鳥を緑の背景(前景)で撮ったのは初めてである。
Borg19651

距離は近いが、少し暗いのでISOを1600に設定して、露出補正を+1.7にした。
Borg19591

こんな近くでも、フォーカスが甘い。まだ調整の余地がある。

| | コメント (0)

2011年5月 4日 (水)

現場実習

前日の反省を踏まえて、PENTAXの設定を変更し、BORGの方も鏡筒の長さとクローズアップレンズの位置を変え、午後からMFへ。

休日のMF、特に池は家族連れでごった返している。カワセミの撮影は後回しにして、水場へ直行。
水場にはキビタキが来たらしい。ヤブサメも盛んに鳴いているが。。。

しばらくすると、キビタキがやってきたが枝に邪魔されて撮影できなかった。

帰り道で撮ったウグイス(近距離)
Borg1507

まだ子供たちの歓声は残っていたが、気にする様子は無い。(遠距離)
Borg1543

Borg1563

露出、フォーカスとも改善された(NIKON ロクヨンよりは良いように思われる)が、まだフォーカスが甘いようだ。なにが原因か?。

| | コメント (0)

2011年5月 2日 (月)

ミソサザイ

東富士でミソサザイを観察。GW後半の前日(平日)、道路は思いの外すいていた。
初めてのサイトだからとりあえず山道を歩いていると、ミソサザイの鳴き声が、...

幹の根元近くの剥がれかかった樹皮の間にコケを集めた巣が見える。
ペアと思えるミソサザイが、せっせと通っている。

ミソサザイをじっくり撮影するのも初めてだし、BORGも超初心者。
大量の失敗写真の中のどうに見られそうなものである。

ミソサザイ  スズメ目 ミソサザイ科  日本で最も小さな鳥のひとつ
                全長 11cm   (キクイタダキが一番小さい?)
Borg1325_3

顔のアップ  (これぞBORGの真骨頂?)
Borg1110

BORGの失敗
 1. ピンボケ
   AFの限界を超えて、飛び回るので、鏡筒を前後させるのだが、
   どの方向にどの程度動かせば良いのか、とっさには判断できない。
 2. 露出不足、オーバー 
   PENTAX K5 の設定をよく理解していない。
       絞りが無いと云うことがどういうことか、よく考えなければならないのだが、
       考えが及んでいなかった。(シャッター速度に応じてカメラが絞り値を決
       めているのだが、実際は開放のままなのだ)
       絞りの代わりに、ISO値や露出補正で調整する必要があることを、
       すっかり忘れていた。

まだまだ、である。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »