« 黒鵐 | トップページ | ウソとイカル »

2011年2月 9日 (水)

CP+ 2011

今日は予約していた人間ドックを午前中に済ませ、朝食抜きの空腹を(と云ってもバリウムが胃袋のかなりのスペースを満たしているのだが)満たすべく関内のスペイン料理屋で昼食をとった。Casa de Fujimori というお店 、一年に一回だけだがここはパートナーともども結構気に入っている。

いつもは、すぐに帰宅するのだが、今日はパシフィコで開かれているカメラ関係のSHOW  CP+ CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW  に行くことにした。

一般公開の初日なので、混雑していたが、Webで事前に(といっても、ほんのちょっと前にレストランで IPadを使って)入場登録を済ませていたので、スムースにしかも無料で入場できた。

カメラ本体には興味のあるものはなかったが、画像処理ソフト、カラーキャリブレータ、高精細印刷に関する情報を得たいと思っていた。
Datacolorのプリンターキャリブレーション、ナナオのColorEddgeディスプレイ、NIKONのCaptureNX2(画像処理ソフト)、PICTORICOの用紙、CANSONの用紙など、大変勉強になった。

中でも、気になったのはEPSONのブース。新発売予定のPro用プリンター MAXART PX-5Vをメイン展示していた。  この機械、私がつい先日買ったPX-5600の後継機ではないか。
このことを知っていれば、と悔しさが込み上げてきたが、いろいろ話を聞くと、性能にはほとんど差がないようなので、値段が安いことを考えれば、これで良かったのだと納得した。

ところで、PX-5600でA3サイズに鳥の写真を出力してみたが、カラリオと比べて、微細な明暗が表現されているのに驚く。  黒系のインクを3つ装備していることが一役買っているのだと思う。 Ph_visual_px5v  次の課題は、印刷結果を含めたカラーキャリブレーションだ。




iPadの方は、niftyのWIMAXに加入して、 屋外でのインターネットアクセスを便利に楽しんでいる。 (通信料が気になるが)Kiki_uroad_img_3

|

« 黒鵐 | トップページ | ウソとイカル »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒鵐 | トップページ | ウソとイカル »