« 夕方からのMyField | トップページ | アカショウビンの鳴き声 »

2010年6月30日 (水)

高温多湿

今日で6月が終わる。気温が高いのは我慢できるが、蒸し暑いのは苦手だ。
カメラの保管は防湿庫を使っているから問題ないが、600mmレンズは入らない。
しじゅう持ち出しているから、大丈夫とは思うが注意が必要である。

今日も涼しくなる夕方から、遊水地にオオヨシキリ観察に出かけた。

最初に目にしたのは、キジの親子(母親と子供3羽)
キジの雌は地味だが、子供をつれていると存在感が在る。

子供は、雌と同じ羽根色だが、すべて♀というわけではないだろう。
Pap_3715 Pap_3733


 
 

 

 

オオヨシキリは、相変わらず「声はすれども.....」状態。それでも暫くじっと待っていると、葦の枯れ穂や柳の枝に登ってくる。

大口を開けて、カリッ  カリッ ゲッ ゲッ ゲッ と 姿から想像できない奇妙な声を出す。
が、じっくり観察すると、かわいい顔をしている。(ちょっと生意気な.)
大きく開けた口の中が、赤いのも面白い。
Pap_3812_3

Pap_3991

Pap_4057

Pap_4084

Pap_4205

Pap_3878

|

« 夕方からのMyField | トップページ | アカショウビンの鳴き声 »

Birding」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕方からのMyField | トップページ | アカショウビンの鳴き声 »