« GW酒田探鳥旅行 その2 | トップページ | GW酒田探鳥旅行 その4 »

2010年5月 1日 (土)

GW酒田探鳥旅行 その3

3度目の正直sweat01  今日もだめなら、もう帰るしかない。予約した帰りのバスは今晩だ。
ホテルを出るときに、ここのオーナらしき人が挨拶に来た。我々と同じように飛び込んだ飛島組が何組かいる。オーナ女史の指示で、スタッフが船の様子を聞いて、出航することを確認し、マイクロバスを出してくれた。heart01

9時半無事出航したが、防波堤を出たとたんに、ジェットコースターの様な揺れが襲ってきた。これが1時間半続くのかと思うと、帰った方が良かったかとも思う。 しかし、揺れは徐々に収まり(というか、揺れない中央部分に移動したり、体が慣れてきたのかも)
どうにか無事についた。

乗船前後に、帰りのバスをキャンセルしレンタカーで帰る算段をし、島の宿を2泊分確保するなど、やっかいな処理を済ませた。

宿に荷物をおいて、昼前、いよいよ探鳥に出発。鳥仲間とパートナーの3人、それに去年まで同じ町に住んでいた友人夫妻(去年偶然ここでばったり会った、今年も会った)のパーティそれに、昨日までのドタバタで知り合った人たちも...  今年は島につく前に会話の弾む仲間がたくさん出来た。

夕食までの数時間、去年よりもオオルリ、キビタキが少ないと思いながら、ざっと(といっても、かなり頑張って)歩いた。

ムギマキの情報が入ったので、荒崎側から探索を始め、ヤツガシラ、ベニマシコ、ノビタキ、カワラヒワ、アトリ等を見ながらゆっくり歩いていると、反対側のヘリポートで何やら珍しい鳥がでているとの情報、急いでそちらに向かう。
Pap_0018_3 Pap_9989 Pap_0352_2
コマミジロタヒバリ? と言う名前の珍鳥らしい。
このあと、マミジロタヒバリ(コがつかない)、ムネアカタヒバリ(の胸の赤くないやつ)とか、ヒメコウテンシとかが出てきて、何が何やらゴチャゴチャになってきた。Pap_0154_2  




 
 











ノビタキ♂  これはまちがいない。
Pap_0326_2















コホオアカ ♂♀?
Pap_0280_2
 

オオルリとキビタキは去年沢山飛び交っていた巨木の森から鼻戸崎では、まったく見られなかった。

Pap_0042_2 Pap_0350  

第1日目は、5時過ぎに上がって風呂に入り、翌日に備え、7時過ぎに就寝。 

|

« GW酒田探鳥旅行 その2 | トップページ | GW酒田探鳥旅行 その4 »

Birding」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GW酒田探鳥旅行 その2 | トップページ | GW酒田探鳥旅行 その4 »