« 春空の下で | トップページ | キジの雄叫び »

2010年4月24日 (土)

春の宮が瀬

Pap_9293 低温を気にしながら出かけてきたが、日差しが十分にあったので温かく、歩いていると汗ばんでくる。
久しぶりの宮が瀬は山肌が緑と薄緑、うす桃色の斑に変わっている。 新緑の中のミツバツツジや山吹の鮮やかな明るい色が目を楽しませてくれる。

今日は気分がいいから、「鳥はいなくてもいいなー」とパートナーと話ながら、歩き始めた。

Pap_9182_2 Pap_9120_2 すぐに目に飛び込んできたのが、なんとホトトギス(声を聞いていないので、もしかしたらカッコウかも)
草原で虫を捕らえて近くの枝に留まった。


Amam_2785 直後に、クロツグミ(パートナーが証拠写真を撮った)
が現れ、幸先よいスタートが切れたと喜んだが、

その後は思ったほど順調ではなく、景色を楽しみながら、春を背景に時々現れる鳥たちを楽しんだ。
 
Pap_9204Pap_9266_2Pap_9236  
 
Pap_9279  ヤマセミは下流に飛んで行った直後、2、3時間は戻って来ないという話。その代わりといって良いか、カワセミを(これがヤマセミならと思いながら....)

今日一番の収穫は、(良い写真は撮れなったが)期待していたオオルリに会えたことだ。おかげでが気分よく帰れた。

|

« 春空の下で | トップページ | キジの雄叫び »

Birding」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春空の下で | トップページ | キジの雄叫び »