« 春の賑わいを見せはじめたMyField | トップページ | 春空の下で »

2010年3月31日 (水)

キズタアメリカムシクイ

友人から情報をもらってから数日が経った。場所は、通っていた陶芸教室のすぐそばだし、近くに知人もいるのですぐにでも行けるのだが、200人ものウオッチャーが来ていると言う話を聞いて、臆していた。

Pap_5658

今日、少しは落ち着いたのでは、と意を決して出掛けることに。
知人宅に車を置かせてもらって、現地に着くとまだまだ落ち着いてはいない。100人を超すウオッチャーがカメラを構えている。

海岸に降りてカメラを組み立てながら様子を見ると、件のキズタアメリカムシクイは、岸壁の樹木と砂浜(といっても打ち上げられた海草やゴミ)の上を盛んに行き来して、カメラマンを右往左往させている。

Pap_5874 三脚を担いで人の群れのに近づいて行くと、MyFieldの常連の諸先輩があちこちに....。

キズタ君は人馴れしているのか、人間の存在なんか気にすることなく、数m先を飛び回っている。

キズタアメリカムシクイは日本では初めて見る大変珍しい野鳥だそうだ。私とパートナーにとっては日本で初めてよりも自身が初めて目にすることにわくわくしている。

Pap_6004 アメリカやカナダでは普通に見かける鳥だそうだ。
アメリカから?どうやって飛んできたのだろう。貨物船にでも乗ってきたのだろうか。
 
Webを検索すると、キヅタアメリカムシクイ 英名:Yellow-rumped Warbler 学名:Dendroica coronata スズメ目 アメリカムシクイ科 と言うことが分かったが、日本語の図鑑にはまだ載っていないようだ。  

Pap_6388 Pap_6468


 
 
 
 
Pap_6988 Pap_7067  
 
 
 
 
 
 
Pap_5651 Pap_6546  
 

 
 
 
 

ご近所にお住まいの方々には、ご迷惑な事だろうと思うが、かわいい姿に楽しい時間を過ごさせてもらった。

|

« 春の賑わいを見せはじめたMyField | トップページ | 春空の下で »

Birding」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の賑わいを見せはじめたMyField | トップページ | 春空の下で »