« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の記事

2009年9月25日 (金)

早起きは3文の...

Apap_6815 今までで最も早い出陣である。5時すぎに起きて、6時15分には駐車場に入った。
朝食と昼食はコンビニで調達。

パートナーと二人、一大決心でやってきたが、鳥たちはとっくに活動を始めている。
 
 
Pap_6946 ミズキの実を食べているエゾビタキの群を観察して、カワセミに早朝の挨拶をして、目指す目的地へ。

一番乗りと思いしや、すでに10人ほどの先客が、すぐに20人以上になった。

   

Apap_6841

キビタキは暗い水場にときたま現れる。夢中でシャッターを押すが、光量不足で満足な写真は撮れない。

EV 2段程度増感して、この程度に。かなりノイジーである。

| | コメント (0)

2009年9月21日 (月)

悪条件下の撮影

Pap_6719 5連休の真ん中の月曜日、Myfieldは人出が多いのだろうか。連休の前に来た時に、「きっとすごい人出になるよ」と話していた仲間の人たちは、やはり来ていない。

今日はそのときと同じ家族3人で昼前からやってきた。
駐車場の車はいつもよりも多いが、中に入るとそれほどでもない。

Pap_6723 植物観察、犬の散歩、子供の付き添いなど、必ずしも鳥を見に来ているわけではないのだから、.....
コヨシキリが鳴いている葦原をじっと見ているのは我々だけである。
コヨシキリは時々顔を出すのだが、すぐに葦に潜ってしまうので(私の腕では)撮影は間に合わなかった。

薄暗い水場で、多分キビタキの♀だろうと思うかわいい小鳥を撮影した。暗いのでシャッタースピードが遅くなり、三脚撮影でも、被写体ブレは避けられない。
被写体ブレ、アンダー露出の山から選んだのが上の2枚である。(もちろん現像時に露出補正したもの)

下の写真は、17日に同じ場所で撮影したもの。これもキビタキの♀?
暗い写真を露出補正して現像した結果である。増感はできた。しかし、ホワイトバランスが微妙に狂ったのか、きれいな色ではあるが、正しい色かどうかはわからない。
したがって、これがキビタキかどうか定かではない。
Pap_5915

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

犬も歩けば

Pap_5730_3 Pap_5780_2 Pap_5849_2   
 
 
 
 
 

シーズンに入ってうれしいのは、久しぶりの仲間や先輩方と会えることだ。
お目当ての鳥を待つあいだの、何気ない会話が結構楽しい。

ミズキの実を狙ってくるエゾビタキは、長い周期でやってきては、すぐにどこかへ去って行く。
見るだけの効率を考えるとすこぶる悪いが、待っている時間も楽しいし、さんざん待った後の出会いは感激一入(ひとしお)だ。 これが飽きない理由だろう。

エゾビタキはミズキの実をついばむのだろうが、写真の瞬間は、ついばんだのではなく飲み込んでいた実を口から出した様だ。
コサメビタキも同じようなことをする。(去年目撃した)

Pap_5793_2 移動中に、偶然クヌギに留まっているハイタカを目撃した。
感激heart02 (ハイタカではなくツミかもしれない。図鑑をよーく見るとツミの方が似ている)

これも、飽きない理由だ。

| | コメント (0)

2009年9月10日 (木)

ツツドリはいなかったが

Apap_5106 桜の葉っぱが色づきはじめ、道端では彼岸花が火炎色の花を咲かせている。

先日遭遇したツツドリはどうなったか、気になってやってきたが、もうどこかへ行ってしまったか?

     

 

Apap_5217 代わりと言って良いかどうか、すごい幸運で、コサメビタキとエゾビタキに会えた。

今年は、去年よりも2、3週間早いお目見えである。


   

 Pap_5510_3Apap_5720_2

| | コメント (0)

2009年9月 3日 (木)

偶然の幸運

Apap_4186 9月に入った。残暑も少しずつ和らいで過ごしやすい時間が増えてきた。
ふらっと出かけた所で幸運に恵まれた。

桜の枝先に着いている毛虫を狙っているツツドリを見つけた。
枝や葉っぱに隠れてファインダー内にとらえることが難しい。

わずかな隙間Apap_4221_2から姿をとらえ、シャッターを切ることができた。

毛虫が居る間は、来てくれるのだろうか。楽しみである。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »