« 梅雨空のもと | トップページ | 富士山麓遠征 »

2009年6月23日 (火)

いつもの仲間に会えた

今日は曇りの予報だったので、晴天よりも鳥が出るのでは? と 勝手な経験則を信じて、出かけることに。ところが、家を出ると晴天。

アオゲラの営巣地は、巣立ちが迫って来たで、多くのカメラマンでごった返している。台湾リスやカラスに脅かされた子育てだったが、どうやら無事に済みそうだ。(゚ー゚)

なぜかしばらく会っていなかった常連の方々に会うことができ、楽しく挨拶を交わしたが、カメラを据える余地がないので、砲列の脇を抜けて、先に進む。

ホトトギスの「トッキョキョカキョク」を頭上に聞きながら歩く。
上空が開けたカワセミの池で、上空を飛ぶトッキョキョカキョクを狙ったが、ピントがあわない。

Pap_9346Pap_9352 親離れをした(させられた)モズの兄弟に遭遇。やせた体で懸命に生きる姿に応援を送ろう。
 
 
 

Pap_9360_3 瓜久保の水場では、いつものようにシジュウカラが数羽、
水浴びを楽しんでいた。
  
  
  
  

Pap_9479 帰り際、少なくなった砲列に加わって、餌付けをする姿を撮影した。子供は少なくとも2羽は確かだが、3羽以上かもしれない。
駐車場に巣を作っていたコゲラは2、3日前に巣立ったという事だ。よかった。

|

« 梅雨空のもと | トップページ | 富士山麓遠征 »

Birding」カテゴリの記事

コメント

長い間観察し続けてると、親心が芽生えるみたいですねぇ( ̄▽ ̄)

投稿: トミー | 2009年6月24日 (水) 12時00分

結構(人間を含めて)天敵が多いので、巣立ちするまでは心配です。
アオゲラは森の奥の方の高木でしたので、カラスとタイワンリスの攻撃が心配でした。

コゲラの方は駐車場の1メートルほどの、しかも人間が入れる所でしたので、気がきではではありませんでした。

投稿: dafuer | 2009年6月26日 (金) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨空のもと | トップページ | 富士山麓遠征 »