« 初見、初験 | トップページ | パソコンが壊れた »

2008年6月20日 (金)

桃栗3年(釉)掛け8年

Dscn1778 1月に土鍋を焼いて以来、少しずつ作り貯めて、素焼きまで済んでいた作品、21点の釉掛けと本焼きが終わった。
例によって、意図した通りかどうかは別にして、うまく焼けた(思う)ものと、失敗したものが3対7位になろうか。

陶芸を始めて、3年が過ぎ、土と釉薬の関係(色の出方、艶の出方、流れ方などは、何度か経験しているのだが、教訓が活きない。Dscn1789_2

今回は、3種類の釉薬(透明釉、油滴天目、石灰白萩)を使った。透明釉は素材の色、地肌をガラス質で覆うもので、量が少なすぎたりすると艶が出ないなどの失敗はあるが、意図した通りに出来上がる可能性は高い。油滴天目(黒)、石灰白萩(白)は、焼成窯の中で本体の土の色や材質と反応してさまざまに変化するので、経験の浅い我々には、結果を予想して釉掛け時に細工をする事はできないのだが、
土との組み合わせを変えてみたり、2種類の釉薬を重ねたり、霧吹きで吹きつけたり、ガラスの粉を振り掛けたり、いろいろなことをやってみた。 Dscn1821
結果は前述の通りだが、失敗作もしばらく眺めていると、何となく愛着が湧いて、捨てる事はできない。

Dscn1796 今回の作品は、仕事の仲間に餞別がわりに受け取ってもらうことにした。(上出来不出来取り混ぜて)

|

« 初見、初験 | トップページ | パソコンが壊れた »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

お金では買えない品を頂けるなんて、正にプライスレス!です。
ありがとうございました。
今後も素敵な焼き物を沢山作って下さいね!

投稿: トミー | 2008年6月20日 (金) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初見、初験 | トップページ | パソコンが壊れた »