« 閑古鳥が... | トップページ | カワセミで腕を磨く »

2008年4月15日 (火)

初めてづくし

Apa1_4633_2 昨日の雨でぬかるんでいるのかと思ったが、園内の通路は案外乾いている。今日は久しぶりにパートナーと二人で...

桜が散り木々の新緑が目立ってくると、鳥の種類も変わってくる。シギもアリスイも行ってしまったようだ。そして鳥が変われば現れる場所も違ってくる。
水車小屋のサイトでじっくり待っていれば、いろいろな鳥が次々に現れる..なら機材が重くても...なんて思っていたが、鳥を求めて園内をさまよう事に、なんともはや....

歩き回った甲斐があって、今日はたくさんの鳥たちに会う事が出来た。ひっそりとしている狐久保で道端を散歩するコジュケイやシメを観察していると、はぐれていたパートナーから携帯コール。マヒワが来ているらしい。
マヒワは初見である。カワラヒワより一回り小さい体でハンノキの枝先をせわしく動きまわるので、なかなかシャッターチャン スがない。たくさん連写したが大半がボツである。

Bpa1_45251 8コマ/秒の連写では、面白い写真が撮れる。
コジュケイは、飛んだのではなく、歩きながらチョット跳んだ。

ISO 3200で薄暗い藪の中でかさこそ動くコジュケイを捉えることが出来た。

カワセミのホバリングも何とかApa1_4680撮れた。
Apa1_4935_2

 

|

« 閑古鳥が... | トップページ | カワセミで腕を磨く »

Birding」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 閑古鳥が... | トップページ | カワセミで腕を磨く »