« アオゲラとの遭遇 | トップページ | マタイ受難曲 »

2008年2月22日 (金)

伊豆旅行

Apa1_1763 伊豆半島に一泊のドライブ旅行に出かけた。どこかで鳥が観察できたらとカメラを準備して。
事前に調査して、一日目は真鶴半島で鳥を見ることに。

駐車場の関係で、半島突端の三つ岩で観察することになり、海岸に降りる前に腹ごしらえとレストランに入ると、窓の外にルリビタキ(雌)が遊んでいるではないか。なんとも幸先が良い。

海岸では、カモメ、クロサギ、トンビそれにジョウビタキ.....なんとカワセミが(海の中の)岩に止まっていた。

Apa1_1990 そして、イソヒヨドリ(雌)。 はじめはナンダロウ見たことが無い鳥だなと思ったが、良く見るとイソヒヨドリのようである。しかも、至近距離でポーズを取ってくれた。これは大収穫である。

二日目は、特に予定していなかったのだが、この時期に伊豆に来て、河津桜を見ない手はないと云うことで、河津へ

Aimg_9497 これほど沢山の桜並木があるとは想像していなかったし、平日なのにこんなにApa1_2047_2 沢山の人が押しかけるも思っていなかったので、少々驚いた。
桜に群がるメジロや川で遊ぶ鳥たちを撮影しながら、4時間くらいをかけて桜並木6Kmを歩いてしまった。(つかれた)
河原では、カモ、カモメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイ、ジョウビタキ、メジロ、サギの他に初見の「タヒバリ」を見ることができた。もちろん桜も鑑賞した。Aimg_9324

花見の人出の中で、超望遠で連写するする我々はちょっと場違いな感じであったが、花だけでなく鳥でも十分満足することができた。

|

« アオゲラとの遭遇 | トップページ | マタイ受難曲 »

Birding」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アオゲラとの遭遇 | トップページ | マタイ受難曲 »