« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の記事

2008年2月22日 (金)

伊豆旅行

Apa1_1763 伊豆半島に一泊のドライブ旅行に出かけた。どこかで鳥が観察できたらとカメラを準備して。
事前に調査して、一日目は真鶴半島で鳥を見ることに。

駐車場の関係で、半島突端の三つ岩で観察することになり、海岸に降りる前に腹ごしらえとレストランに入ると、窓の外にルリビタキ(雌)が遊んでいるではないか。なんとも幸先が良い。

海岸では、カモメ、クロサギ、トンビそれにジョウビタキ.....なんとカワセミが(海の中の)岩に止まっていた。

Apa1_1990 そして、イソヒヨドリ(雌)。 はじめはナンダロウ見たことが無い鳥だなと思ったが、良く見るとイソヒヨドリのようである。しかも、至近距離でポーズを取ってくれた。これは大収穫である。

二日目は、特に予定していなかったのだが、この時期に伊豆に来て、河津桜を見ない手はないと云うことで、河津へ

Aimg_9497 これほど沢山の桜並木があるとは想像していなかったし、平日なのにこんなにApa1_2047_2 沢山の人が押しかけるも思っていなかったので、少々驚いた。
桜に群がるメジロや川で遊ぶ鳥たちを撮影しながら、4時間くらいをかけて桜並木6Kmを歩いてしまった。(つかれた)
河原では、カモ、カモメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイ、ジョウビタキ、メジロ、サギの他に初見の「タヒバリ」を見ることができた。もちろん桜も鑑賞した。Aimg_9324

花見の人出の中で、超望遠で連写するする我々はちょっと場違いな感じであったが、花だけでなく鳥でも十分満足することができた。

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

アオゲラとの遭遇

Apa1_1458 いつもはパートナーがD300につける80-400mmをTelecon 1.4を足してD3につけて手持ち撮影を試すことに。(推奨されないが FXサイズでは倍率が不足するので、Kenko TelePlus を装着)
これでパートナーの40D + 1.4リアコンとほぼ同程度の画角になる。

今日は、早々に嬉しい出来事が、なんと「アオゲラ」に遭遇したのである。私は3回目であるが、こんなに条件がよい所での遭遇は初めて。少々興奮してシャッターを切ったのだが、.....この程度の写真が精一杯。
でも嬉しくなって、もう帰っても良いかとちょっとだけ思った。

きざはしで、パートナーが常連の方々に「アオゲラ」に会いましたと報告したら、「そんなときは、電話で連絡をするものだよ」と言われたそうだが、電話番号知らないもん....
我々も、いつかは電話番号を教えてもらえるくらいにお近づきになるのだろうか。

その後、さらに興奮!! 「ヤマシギ」2羽にも遭遇した。  幸せな日を過ごせた。

D3とTelePlusの組み合わせは、AFがちょっと遅くなる感じではあるが、何とか使えそうである。(トリミングするつもりなら、Teleconなしでも十分に耐えられる絵が撮れる感じ)

| | コメント (0)

2008年2月16日 (土)

家族全員で

Adscn1655嫁に行った娘が芝居見物(中村勘三郎、藤山直美のわらしべ夫婦双六旅)の後、久しぶりに里帰りしたので、家族4人揃って出かけることになった。いつもより少し早い時刻(といっても10時半を回っている)に出発。
(勘三郎と直美の息の合ったやりとりが面白くて、毎年新橋演舞場の2月の公演に通っている。)

今日は気温は相変わらず低いが、天気もよく風がないので気持ちが良い。
南門から大原の堆肥場を通って、小谷戸の里にに向かう。

この間、コゲラに何度も遭遇、コゲラだけでなく、今日はたくさんの鳥に会うことができた。Apa1_1082_2

"あま酒"の看板に誘われて小谷戸の里に。
古民家では例年のようにお雛さまの飾りつけがされており、裏庭にはアカバナマンサク、フクジュソウが見事な花を咲かせている。藁葺き屋根とマンサクの景色は非常に良い雰囲気である。(甘酒は1時半からの販売だとかで、いただけなかった。残念!!)

Aimgp6897 きざはしでは、アリスイが湿地に降りて餌(蟻?)を探しているのか、愛くるしい姿をふんだんに見せてくれた。

コゲラの写真はパートナーの作品(長玉待ちのD3に80- 400mmを付けて、 手持ちでうまく撮れたと喜んでいた)

予約している VR 600mm いつ手に入るのやら、全く音沙汰がない。

| | コメント (0)

2008年2月11日 (月)

連休最終日の幸運

Adscn1643 連休の最終日(と言ってもリタイヤした今は連休の感覚が乏しいのだが...)家族揃って出陣。
さすがに人が多い。水車小屋付近は50人以上が集まっている。

いつものように、昼前に出かけたので、「きざはし」でアリスイ、タシギ、アオシギ、アカハラ、シロハラ、シメ、ジョウビタキ、ツグミなどを見た後、瓜久保の河童池のベンチで昼食。遠足気分である。
瓜久保入り口にある「アカハナマンサク」が花びらを広げていた。もう少しすると小谷戸の里でも見事な景色になるだろう。楽しみだ。

Aimgp6695 今日は、ここでは初めてになる「ルリビタキ(雌)」と「クイナ」に家族全員で会うことができ、大変気分よく帰途についた。Aimgp6630 

| | コメント (2)

2008年2月 9日 (土)

年一度の遠征

Aamam_5364_2 毎年この時期に会社の仲間(私を含めて大半がOB)が集まって探鳥会をする。
予定の9日は雨(雪)の予報、日程変更もままならず幹事さんの決断で決行。(雨だったら、久しぶりの再開だから、会食だけでも楽しみだ)Amam_5267

決断は正しかった。天候の崩れも少なく、普段より人出が少なかったこともあり、実に楽しい成果の多い探鳥になった。

幹事さん宅での会食では、鳥の話、カメラの話、それぞれの近況など大いに話がはずんだ。

Amam_5422_2 探鳥終盤で降った雪が、幸運を運んでくれた。

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

カワセミがいた

Aimgp6301 一昨日に続いての散策。雪はまだ残っている。実は一昨日CANON 40Dと300mm F4でISの不具合がまた現れた。翌日出勤のついでに修理に出そうと準備していたが、朝になって「もしかしたら、Teleplusとの併用で問題が起こっているのかもしれない」と試してみた。確かに、Teleplusなしでは問題は起こらない。CANONに持ち込むのは断念して、結局純正のExtender EF 1.4XⅡを購入するはめに。
今日は、純正テレコンの動作確認を兼ねて、K10Dと 40D 2台をもって出かけた。
大原でジョウビタキ(雌)、モズ  きざはしでタシギ、アオシギ、アオジ、アカハラ、シメ、ジョウビタキ(雄)、アリスイ と一昨日と殆ど変わらないが、遠い、枝かぶりなど撮影条件は一昨日よりも悪かった。それでも、観客の方に新しい出会いがあるので、それはそれで結構楽しい。Aimg_7907
少し寒くなって来たので、移動して早めに帰ることにし、瓜久保に廻った。先に行ったパートナーが瓜久保池でカワセミを見たという。最近見かけないので心配していたのだが、
Aimg_7932 帰路に立ち寄ったさくらなみ池で、カワセミに会った。元気そうにダイビングしていたので安心した。さくらなみ池ではジョビコチャン(大原のとは別の個体)が縄張りをパトロールしていた。

| | コメント (0)

2008年2月 5日 (火)

雪を背景に

Aimgp5905日曜日に降った雪が殆ど溶けたが、公園の中では陰地に雪が残っている。
大原やきざはしの葦原は、積もった雪で葦が倒れ、見通しが良くなっている。この状況は葦原をネグラにしている鳥達にとっては困ったことなのあろう。

こんな悪条件でも、たくさんの人たちがここを訪れる。小学生の課外授業、犬の散歩、散歩、探鳥など日常生活の一部にに組み込まれている人にとっては、これくらいの状況はなんでもないのだ。鳥を観察する人たちには、日常の延長の人と、特殊な状況に狙いをつけている人がいるようだ。Aimg_7429

私は雪と鳥の組み合わせで、なにか良いことがあるのではないかと期待してやって来た。
いつもの堆肥場前の葦原では雪原を背景にしたジョウビタキ(雌)がいつもよりスマートに見えた。

きざはしでは、アオシギ、タシギ、アカハラ、シロハラ、アオジ、シメ、ジョウビタキ(雄)、ツグミ、カシラダカ、モズ、アオゲラ、アリスイなど、いろんな鳥が次々と現れ楽しませてもらった。

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

去年と同じ雰囲気を堪能

Adsc_4275 パートナーは家で友達を呼んで新年会?  邪魔にならないようにと云う理由で、ちょっと早めに出かけた。
9時半ごろに駐車場に入り、いつものフィールドへ。

今日はパートナーのD300を借りて手持ち撮影。400mm  +  1.4 telecon

身軽なのと、早く帰る必要もないので、ゆっくりと広範囲に歩くことにした。

カワセミを除いて、去年の今頃と大体同じ鳥に、同じところで会えた。良いことである。
瓜久保ではシロハラがしきりに落ち葉をひっくり返している。Adsc_4248

モズのお嬢ちゃんもパトロールを始めている。ロウバイは満開、紅梅の蕾も膨らんできた。

きざはしは相変わらずのカメラの砲列。ここのジョウビタキは今年も雄である。去年と違うのはベニマシコがまだ....

Adsc_3913 大原谷戸でウグイスを撮影。笹に隠れてしかも素早く移動するので苦労する。

アオゲラに初めて遭遇した。良い写真は撮れなかったのが非常に残念であるが、しっかり観察させてもらった。興奮するとNIKONのVRが追いつかないほど手が振るえる様だ。冷静にならなければ。(カメラに慣れていないのが本当の原因....と思いたい)

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »