« マユミ 二景 | トップページ | 土鍋の釉薬かけ »

2008年1月 6日 (日)

暗くなるまで

Aimgp4963 昨日に続いて連続の舞岡詣である。今日は家族3人で昼前から出かけた。大原の堆肥場が昼食の定位置になりつつある。
日向ぼっこをしながら、そして弁当を食べながら一時間半ばかりゆったりと過ごす。ヒヨドリ、メジロ、シジュウカラ、アオジ、ジョウビタキ、ツグミ、モズ、ホオジロ、カシラダカなどが次々とやってくる。Aimgp4802カシラダカは数羽の群れで現れた。ホオジロ?と思っていたら、双眼鏡を持ったお姉さんがきっぱりと「全部カシラダカです」と教えてくれた。 (逆光で良い写真は撮れなかった)

今日の装備はK10DにSIGMA 50-500mm  + 2x Telecon  距離は稼げるが開放F13でのMFはかなりつらい。しかし、明るい日中なら何とかなる。
(機材についてはしばらく我慢しなければと思っている)
MFで良い写真が撮れないようでは一人前ではないと思ったりもする。

Aimgp4819_2 きざはしでは諸先輩と話をすることが出来、楽しく撮影ができた。2008年初めての出会いなのに、年始の挨拶を忘れてしまいました。申し訳ありません(~_~;)。

さくらなみ池、瓜久保をゆっくり周り、門を出たときは真っ暗。今日は頑張った。

写真 : ロウバイ(瓜久保)、ホオジロ(堆肥場)、シメ(きざはし)

|

« マユミ 二景 | トップページ | 土鍋の釉薬かけ »

Birding」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
先日なにかを検索していて、「いつも好奇心」に遭遇しました。

私も舞岡公園に足繁く通っているので同じ日に行っていたら反応しようと思ったのですが、生憎5日6日は別の場所へ出掛けてしまいました。
ことによると「どっかで見たヤツ」かもしれません (^-^;;

実は私も鳥見の駆け出し、daichan さんよりもっともっと新米です。
以前からレフレックスレンズでカワセミを狙うことは少なくなかったのですが、野鳥にのめり込み始めたのは冬鳥の昨シーズン半ばから。
極度の三脚嫌いもあって、Ai 400mm F5.6S(たいていは TC-201S 併用)で歩き回っています。

手持ちでも結構撮っていらっしゃる辺の近親感から、少しお近づきになれればいろいろお教え頂けるかと、ご挨拶させて頂く次第。
足繁くこちらを拝見しようと思っていますので、どうぞよろしくお願い申し上げます m(_ _)m

投稿: にゃんこ | 2008年1月 8日 (火) 10時00分

にゃんこさん、コメントありがとうございます。手持ち/三脚 どちらにも魅力があって迷いますね。私は三脚の方が多く、最近手持ちを試みています。体力がなくなると三脚使いは辛くなるのではないかと考え始めています。

投稿: daichan | 2008年1月 8日 (火) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マユミ 二景 | トップページ | 土鍋の釉薬かけ »