« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の記事

2007年12月27日 (木)

今日は手持ちで

Ama1_1361 今日はパートナーのD300を借りて手持ち撮影、パートナーは息子の40D.
両方とも400mm F5.6(正確には、D300:VR 80-400 F5.6,40D:IS 300 F4 +x1.4リアコンバータ)同じスペックである。

先ずは大原の堆肥場で昼食をとりながら探鳥。ここは日当たりがよく居心地がよいので 、1時間ほど過ごして次々と現れる鳥たちをじっくり観察した。メジロとジョウビタキのツーショット パートナーは堆肥場のちょっと手前でなにかを見つけたらしく笹藪の中をじっと覗いている。(ヤブサメ?)食事が終わって移動する際にももう一度覗いていたが....

エナガ 今日は三脚がないので移動が楽である。軽快に歩いて先日エナガの群に会った池に急ぐ。途中ヤマガラとシジュウカラが一緒に遊んでいる薄暗い湿地でヤマガラだけを選んで撮影した。エナガの群は今日も現れた、手持ちでの撮影は機動力があるので満足できる撮影ができた。Ama1_1545

ところでCとNの比較だが、AFについてはCの方が軽快に感じたが(NはHSM無しなのでやむを得ない)、Cは大外れをすると動かなくなる、これは障害ではないかと思う、修理の際に指摘したはずだが...)  Nの3Dトラッキングはまだ試していない。エナガと木の枝との色の違いを認識してうまく追いかけてくれるとよいのだが。

| | コメント (0)

2007年12月24日 (月)

N,C,Pカメラ比較

Aimgp4025  インフルエンザの予防接種をしたら、体調を崩した。パートナーも一緒に咳き込んでいた。
今日は久方ぶりに家族揃ってフィールドへ、息子は修理に出した40Dの試し撮りに張り切っている。300mm F4のISが壊れていたらしい。
パートマーはD300私はK10Dバラバラである。

今日はエナガの群に遭遇、いつもは高木の枝先でちょろちょろ動いているのを見る程度で、写真に撮ることはできなかったので、こんな近くで撮れたのは幸運である。

それにしても、エナガは落ちつきがないので、AF精度が悪くMFにしているK10Dではちょろちょろを追いかけながら、ピントを合わせるのは至難である。どうにかシャッターを押したときはターゲットは尻尾だけをファインダーに残していたり、後ろを向いていたり。K10Dの連写性能とAF精度とスピードではしょせん無理であると確信した。(鳥撮り以外では、K10Dは良く出来たカメラである)

Aimgp3969 今日は、エナガの他に初見のアオシギとツグミ、シメそれに数日前からのタシギに会えた。

パートナーはエナガを追いかけている時、すぐそばにカワセミが止まって、身動きができず、あわててシャッターを切っていた。Ama1_1261

今日はたくさんの鳥に会えたのもうれしいが、3社のカメラについて、いろいろなデータが得られたのが大きな成果である。

| | コメント (0)

2007年12月 9日 (日)

満足満足

Apapa071_2 今日は日曜日パートナーの体調もどうにか回復、一緒に出かけた。公園の秋は今日が最後に成るのだろうと、いつものように観察サイトに直行するのではなく、回り道をして残り少なくなった紅葉を眺めながらゆっくりと下って行ったApapa052

先日の鷹?サイト(鷹は一過性で、再現は期待できないとか)、ポカポカ日和の中で弁当を食べながら探鳥。 モズ、アオジ、シジュウカラ、メジロ、ジョウビタキを撮影。ここは日曜にしては人が少ない、もしかしたら水車小屋のサイトに釘付けになるような状況があるのかもしれないと少し気が焦る。

水車小屋のサイトでは、やはApapa121_2り日曜日だ、たくさんのウオッチャーが押しかけていた。

パートナーは二回目のD300試し撮り、周りの人たちと話がはずんでいる。湿地ではタシギのほかに珍しくキセキレイが近くにきてゆっくりときれいな姿を見せている。
初見のツグミのほかコジュケイ、アリスイ、シメ、アカハラ、カラスに追いかけられているアオサギなどと暗くなるまで楽しい半日を過ごすことができた。Apapa153

K10D + サンニッパ はMFではほぼ満足できる写真が撮れるようになった。パートナーのD300 + 80-400mmの方は、まだ慣れが必要のようだ。

| | コメント (2)

2007年12月 7日 (金)

鴫(シギ)のシーズンへ

Apapa079 今日はパートナーが風邪気味とかで、一人で出勤?
いつものようにローソンでおにぎりとお茶を買って9時半にフィールドへ。カワセミ君に挨拶して水車小屋の探鳥ポイントへ急ぐ。Apapa0581

タシギが盛んに水の中にくちばしを差し込んでいる。タシギは今シーズン初めてである。道を挟んだ湿地は、これからアオシギ、ヤマシギが現れるはずだ。
朝早くから来ている人たちは、収穫無しと移動を始める。(鷹が出たとか云うポイントへ)
Apapa194 少し粘っていると、アリスイが現れた。4番(通称アリスイの木)に止まった。夢中でシャッターを切ったが距離が長い事もあって(それだけではない、腕の悪さも当然ある)気に入った写真は撮れなかった。

鷹?のポイントで先発の人たち合流、なんとアリスイの出現を知っていて、写真を見せてといわれたのには驚いた。情報網が発達している。
このポイントは、日当たりがよく小春日和の中で、おにぎりを食べながら話がはずむ。やはりNIKON D300が話題の中心。(実は私もすでに入手した。)

D300はパートナーがVR80-400ズームを着けてしばらく様子を見ることにしている。
一方、息子のCANON EOS 40DがAFの不調で修理に出すことになった。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »