« 九州旅行 | トップページ | 鳥撮りにのめり込んでしまう? »

2007年11月 8日 (木)

アリスイ君

Apapa20071108_014_2  今日は立冬、いよいよ探鳥のシーズンに入った。
マイフィールドではアリスイ、ベニマシコが話題になり始めた。昨夜、明日は早朝に出かけようと話し合っていたのだが、結局は10時頃出発。
いつものように、コンビニで弁当とお茶を買ってアリスイのフィールドへ急ぐ。パートナーはタゲリを探しに田んぼ周りを探索に出かける。

フィールドではアリスイ、ベニマシコ、アトリが見られたらしい。私はアリスイの写真撮影に成功したが、ベニマシコ、アトリは見ることができなかった。

さて写真の出来具合であるが、不満である。
AF精度は修理でかなりよくなっているが、それでもやはりピンボケである。結局マニュアルで撮影せざるを得ないが、マニュアルでしっかり合わせたと思っても結果は甘い。なぜだろう、それに露出が変。
常にマイナス2.0位アンダーにしないと滲んでしまう。上の写真は三脚使用 K10D  600mm  1/200秒   F8   -2.0EV   ISO200である。

Amama20071108066 シャクなのは、パートナーが手持ちで(40D  420mm  1/100秒 F5.6 +0.3EV  ISO100)比較にならないほどシャープな写真を撮ることである。腕が違うなんてなことでは(絶対に)なく、これは道具のせいである。と思う。

尊敬する先輩の話によるとパートナーが探したタゲリは、ここにはいないそうだ。

|

« 九州旅行 | トップページ | 鳥撮りにのめり込んでしまう? »

Birding」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 九州旅行 | トップページ | 鳥撮りにのめり込んでしまう? »