« 修理完了 | トップページ | 初めてのキビタキ »

2007年10月 6日 (土)

白いスズメ

Papa_127 セミの鳴き声がやっと止み、いよいよ探鳥のシーズンになってきた。いつものフィールドでは、キビタキやジョウビタキ、ノビタキ、サンコウチョウなどを求めて沢山の(いつもの)仲間が集まってきた。

気まぐれな小生は、まだこれらにはお目にかかっていない。刈り入れ直前直後の稲穂に群がるスズメと、いつものカワセミがとりあえずのお相手である。

負け惜しみかもしれないが、スズメも結構かわいい。さらに今年は珍しいスズメ:白スズメに遭遇した。このフィールドでは昨年も頭が白いスズメがいるという話は聞いていたのだが、見るのは初めてである。
今年のは去年のとは違って、ほぼ全身が白い。突然変異だろう。Papa20071004_120

資料を調べると、現代の環境変化の影響という訳ではなく、平安時代にも白いスズメが鶴、鳳凰、八咫烏のような「めでたい鳥」(瑞鳥)として扱われたという記述があるらしい。
確かに、大勢の普通のスズメを従えている(ように思える)この姿は高貴に見える。

|

« 修理完了 | トップページ | 初めてのキビタキ »

Birding」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

うわぁ!初めてみました!>白雀
いや、どんな動物にもいるはず何ですけれどもねぇ。。。

投稿: tommy | 2007年10月 7日 (日) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 修理完了 | トップページ | 初めてのキビタキ »