« 新しいレンズで | トップページ | 釉がけ »

2007年8月31日 (金)

まだ試運転

Imgp7088 今日は一人でレンズのテストを兼ねていつもの舞岡公園へ。(パートナーは家で仲間とパーティ)
鳥はカワセミのほかはあまり期待できないので、植物の観察を中心にした。
頻繁に訪れる処だが草花や木々は来るたびに少しづつだが変化を見せてくれる。

先日はまだ薄緑をしていたコムラサキの実が、今日は少しだけだが赤紫に変わり始めている。

草花だけを撮影するのであれば望遠よりマクロの方が適している。鳥に興味を持つ前は専らマクロで草花や木々を撮っていた。
鳥も、植物もとなると300mmの明るいレンズが便利である。草花は300mmで、鳥を撮るときは2倍のテレコンを付けて600mmにすることが現場でできる。

草花は逃げないので、レンズのテストをするには好都合である。絞り、シャッタースピード、CCD感度をいろいろと変化させてでき具合を試して来た。

その結果、分かったことは、露出補正を-1~-2位にするとうまく撮れることが分かった。つまり、露出不足気味にした方が出来がよくなると言うことだ。

Imgp7169 コムラサキは1/20秒 f6.3 ISO100でEV-2補正、右のフジカンゾウは1/200秒 f2.8 ISO200でEV-1露出補正しています。

|

« 新しいレンズで | トップページ | 釉がけ »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新しいレンズで | トップページ | 釉がけ »