« 陶芸は面白い | トップページ | イタリア万歳 »

2007年6月23日 (土)

カワセミの子供たち(2)

Papa20070623846 昨日からパートナーは長期のお出かけ。梅雨らしくない晴天の中息子を伴って出かけた。
今日も主な被写体はカワセミ。土曜日とあってさくらなみ池は子供たちがザリガニ釣りに夢中になっている。時には親も一緒になって、...
子供たちの歓声が絶えない環境の中でも、カワセミの子供たちはほとんど気にならないように岸辺の枝に止まり、ダイビングし、魚をとらえて杭の上でうまく飲み込む一連の練習を繰り返している。子供のカワセミは経験が少ないせいか、親とは異なった行動を取る。            

Papa20070623424さくらなみ池からの帰り道、谷戸の田んぼで畦道に止まったり、看板の上に止まったりしながら田んぼの中のドジョウをとらえている。親鳥が田んぼで捕食しないことはないが、自らの危険に対する感度が大きく違っている。この子供達もいろいろな経験を積んで、いずれは親鳥と同じ様になるのだろう。(人間も同じですね)Papa20070623583

頻繁に、そして何羽ものカワセミに会えるので、観察、撮影には好都合である。

撮影といえば、K10DにいつものSIGMA APO 50-500をつけているが、相変わらず切れのよい写真が撮れない。腕が悪いのかもしれないが、それは認めたくない。しかし、どうもカメラの機能を生かしきっていない様な気がする。撮った写真を見ていろいろと反省するのだが、いざ現場に行くと、反省をすっかり忘れている。
誰かからか手振れを起こしやすいのは、興奮しやすい質が原因ではないかと言われた。自分ではいたって冷静だと思っているのだが、最高のチャンスだと思ったシーンに限って失敗しているのは、どうなんだろう。

|

« 陶芸は面白い | トップページ | イタリア万歳 »

Birding」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陶芸は面白い | トップページ | イタリア万歳 »