« 今日も収穫はカワセミ | トップページ | さてどうする »

2006年10月17日 (火)

最後のデジスコ

Dscn1088 今日で三日間連続の舞岡公園詣で、天気よし、気温もほどほど、平日はさすがに人出が少なく落ち着いて観察が出来る。

熟した柿にメジロやヒヨドリが集まってくるので、じっくり観察/撮影が出来る。デジスコでメジロを撮るのは被写体が動き回るので難しいのだが、今日は熟した柿に狙いを定めて待っていればメジロが次々とやってくる。

デジスコをかついで、*istDを首にかけて、鳥と草花を撮る。草花を撮るときは、肩にかついだデジスコを下ろして、三脚を開いて、安定させてから*istDで撮影する。  鳥を取り花を取りを繰り返すとカメラの持ち替えが頻繁になり、

ついに、...安定させたはずのデジスコがひっくり返った。三脚の上(1.5m位の所)から地面に叩きつけられて、フィールドスコープ、デジカメが壊れた。デジカメはちょっとボデーが歪んだ程度だが、フィールドスコープは真っ二つに折れた。  トホホ....

カワセミは、三日間とも大体同じ時刻に現れた。カワセミには飽きたから写真が撮れなくてもナーンてことはない.....(>_<)

|

« 今日も収穫はカワセミ | トップページ | さてどうする »

Birding」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

>フィールドスコープは真っ二つに折れた。

ええっ!
なんかベトナムの戦場カメラマンを彷彿とさせます。
ブラックボディの真ん中を弾丸が貫通した、ニコンFを思い浮かべてしまいました。
・・・一ノ瀬泰造・・・だったかな。

骨折事件といい、野鳥シューティングは危険がいっぱいですね。

投稿: | 2006年10月19日 (木) 00時01分

機材を壊したり、なくしたりするとめげますよね。でも機材の進化は目覚しく、少し我慢してお金を貯めればもっと使い勝手の良いものが手に入るかも知れません。ポジティブ思考で乗り切って下さい。

投稿: ラフェット多摩 | 2006年10月19日 (木) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日も収穫はカワセミ | トップページ | さてどうする »