« スポーツ・ジムの代わり? | トップページ | まだまだ、やることはいっぱい »

2006年10月 6日 (金)

ハードディスクの耐久性能

写真の量が増えてパソコンのハードディスクが不足気味になった。家族がそれぞれ個別のPCを使うので共用のファイルはLANディスクに入れている。

250GBのLANディスクが数GBしか余裕が無い。LANディスクにUSBディスクを4台つけられるのだが、このインタフェースにはディスクの省電力機構がない。

LANディスク本体は一定時間アクセスがないとファンとディスクのモータを止める仕組みが働く。電気代を気にしているのではなくハードディスクの回転部分が劣化することを恐れている。

このメーカはLANディスク本体でモータが止まることを宣伝しておりながら、それに増設するUSBディスクにその機能がついていないのです。変ですねー

そもそも。ハードディスクはどのくらいの連続運転を想定しているのだろうか。

|

« スポーツ・ジムの代わり? | トップページ | まだまだ、やることはいっぱい »

道具」カテゴリの記事

コメント

 過去にハードディスクが壊れたことが2回。

 1回目は10数年前に買ったIBM一体型パソコンの380MB(!)のHD。
 3年間サブとして使ったころ、突然カラカラ音とともにお亡くなりに。ヘッドが回転盤に接触したような感じ。
 衝撃を与えた自覚はないが、リビングにあって、振動にさらされていた。

 2回目はraidを組んでいた片方のHD。これは最初からデフラグのエラーが出ていたので、初期不良だったかも。
 今でも使えるはずだが、容量不足(30GB)のためお蔵入り。

 これまでは、ご懸念の「ハードディスクの回転部分の劣化」によるHDの破壊は経験していません。ただ、7200回転が当たり前になっているので、今後はわかりませんね。
 NASが欲しくてプリントサーバ機能もあるIO-○A○Aに食指が動いていますが、USBで増設するとそのような制限があるのですね。

投稿: くさかりき | 2006年10月 7日 (土) 10時26分

連続運転のサーバはざらに有りますから、回しっぱなしでも問題ないのかもしれません。IO-○A○Aのカタログでもモータを止めるのは消費電力を抑えるためと書いてあり、寿命を延ばすためとは書いていませんね。
今、そのIO-○A○AのLANディスクを使っていますが、プリントサーバは使っていません。遅くて使い物にならないからです。何が原因か分かりませんが2、3分だんまりです。つないでいるプリンタが動作確認済ではないので、文句も言えません。

投稿: daichan | 2006年10月 7日 (土) 23時07分

プリントサーバは、遅くて使い物にならないレベルですか。
うーん、カタログを見る限り、理想的なシステム構築ができそうな気がしたのだけど・・・

ハードディスクの容量対策のみなら、DVDへ退避という手もありますけどねぇ。デジタル放送のコピーワンスは、何かと面倒です。

投稿: くさかりき | 2006年10月 8日 (日) 00時29分

プリントサーバ機能は保証外プリンタをつないでいますので、仕方がないのかもしれません。保証しているプリンタでは速いのかもしれません。それにしても、この会社EPSONのフラグシップ機をつなげないというか評価していないのは怠慢です。

投稿: daichan | 2006年10月10日 (火) 13時36分

PC関連でしたので少々。
HDDに一番負荷が掛かるのは、回転開始のタイミングだそうで、回転と停止を繰り返すことが一番寿命を縮めることになるそうです。
あとは、熱が問題になるようでので、熱、音、電力が気にならなければ、逆に回しっぱなしにしたほうが良いようです。
最近のHDDは高回転で、外部ストレージはスリムになっていますので、熱が結構問題になると思うので難しいところではありますが。

投稿: kim | 2006年10月30日 (月) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スポーツ・ジムの代わり? | トップページ | まだまだ、やることはいっぱい »