« 最後のデジスコ | トップページ | 望遠一眼レフで再挑戦 »

2006年10月20日 (金)

さてどうする

壊れたフィールドスコープをじっくり眺めた。中の部品があちこち折れている。プラスチック製だ(チャッチー)  アロンアルファでつければ直るかなと思って傷口をあてがうと、かけらが足りない。現地に落としてきたのだ。  プリズムやレンズの微妙なコーティングがやられている。
素人では修理不可能と判断した。

修理に出すかそれとも、デジスコは止めて望遠一眼レフを強化するか、迷うところである。

公園で撮影している人は、大半が一眼レフ+望遠でデジスコ程の高倍率ではない。しかし先輩諸氏のWebサイトを見ると400mm位ですばらしい写真を載せている。
速写、連写、起動性を生かして生き生きとした写真を狙うか、超アップの迫力を狙うか....
♪ヨーク考えよーお金は大事だよー♪

|

« 最後のデジスコ | トップページ | 望遠一眼レフで再挑戦 »

Birding」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後のデジスコ | トップページ | 望遠一眼レフで再挑戦 »