« デジスコ機材のご紹介 | トップページ | 16回目の舞岡公園 »

2006年9月30日 (土)

行けば会えるのだ

232142799_163 舞岡公園の探索は結構な運動量になる。高い金を払ってスポーツジムに行くよりも、健康的でダイエットにもなる(のではないだろうか)。
と言うわけで、昨日も探索に出かけた。駐車場からのいつもの道も少しずつ秋の景色に変わってきている。
第一の探鳥ポイント「おおはらおき池」では、幼鳥と思えるカワセミ君が盛んに狩りをしている。なんどもホバリングやダイビングをして、すぐ近くの杭にとまるので、初めての超アップ写真が取れた。一時間近く付き合って
第二のポイント「さくらなみ池」に来ると、ここでも別のカワセミ君(成長)が迎えてくれた。ここは、水辺に近づけるので休日はザリガニ取りの子供でごった返すが、平日の昨日は犬の散歩や散策する老夫婦が通るくらいである。

232142799_48 騒がしい休日でも出てくるカワセミ君だから、昨日はすぐ近くまで来て華麗なダイビングで小魚を捕っている。これくらい近づいてくれるとデジスコでなくても500mm位の望遠があれば良い写真が撮れるだろう、ダイビングの瞬間などはデジスコでは無理である。ここでは魚をくわえた姿も撮ることが出来、大満足であった。
最初はなかなか見ることができなかったカワセミも、最近は行けば必ず会えるといった感じになってきた。そういえば、途中で出会ったおじさんにカワセミに遭遇した話をしたら、「カワセミ ふーん」と言う感じの返事が帰って来た。舞岡公園の「通:つう」にとってはカワセミはその程度の感覚なんだろうか。 232142799_94
このおじさんは「サンコウチョウ」がいたとかいなかったとか言っていた。 カワセミで大喜びしているのは素人さんなのでしょうね。

|

« デジスコ機材のご紹介 | トップページ | 16回目の舞岡公園 »

Birding」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デジスコ機材のご紹介 | トップページ | 16回目の舞岡公園 »