« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の記事

2006年9月30日 (土)

行けば会えるのだ

232142799_163 舞岡公園の探索は結構な運動量になる。高い金を払ってスポーツジムに行くよりも、健康的でダイエットにもなる(のではないだろうか)。
と言うわけで、昨日も探索に出かけた。駐車場からのいつもの道も少しずつ秋の景色に変わってきている。
第一の探鳥ポイント「おおはらおき池」では、幼鳥と思えるカワセミ君が盛んに狩りをしている。なんどもホバリングやダイビングをして、すぐ近くの杭にとまるので、初めての超アップ写真が取れた。一時間近く付き合って
第二のポイント「さくらなみ池」に来ると、ここでも別のカワセミ君(成長)が迎えてくれた。ここは、水辺に近づけるので休日はザリガニ取りの子供でごった返すが、平日の昨日は犬の散歩や散策する老夫婦が通るくらいである。

232142799_48 騒がしい休日でも出てくるカワセミ君だから、昨日はすぐ近くまで来て華麗なダイビングで小魚を捕っている。これくらい近づいてくれるとデジスコでなくても500mm位の望遠があれば良い写真が撮れるだろう、ダイビングの瞬間などはデジスコでは無理である。ここでは魚をくわえた姿も撮ることが出来、大満足であった。
最初はなかなか見ることができなかったカワセミも、最近は行けば必ず会えるといった感じになってきた。そういえば、途中で出会ったおじさんにカワセミに遭遇した話をしたら、「カワセミ ふーん」と言う感じの返事が帰って来た。舞岡公園の「通:つう」にとってはカワセミはその程度の感覚なんだろうか。 232142799_94
このおじさんは「サンコウチョウ」がいたとかいなかったとか言っていた。 カワセミで大喜びしているのは素人さんなのでしょうね。

| | コメント (0)

2006年9月26日 (火)

デジスコ機材のご紹介

229440947_45 デジスコを初めてもうすぐ一年半になる。最初の一年は友達の誘いに乗って南大沢や奥多摩に行ったが、双眼鏡の視野に捕らえるのすら出来なかった。さらに視野角が狭いデジスコに納まるわけが無い。
どうにかシャッターを切れるようになったのは舞岡公園とのつきあいが始まった今年の5月以降である。
こんな良いところが近くにあったなんて...

デジスコ機材(35mmカメラ換算で1500~5250mmm望遠相当)

スポッティングスコープ:コーワTSN664 30倍アイピース229440947_205_1 
カメラ:NIKON COOLPIX P4 + レーザ照準器
三脚:SLIK 813 PRO
ビデオ雲台:SLIK フィールドバランサー
双眼鏡:CANON 手振れ防止つき10倍
補助カメラ:PENTAX *istD + 28~300Zoom
総重量:10Kg弱
ハードは揃っている、あとは数をこなして実地技術を身につけるしかない。

ところで、昨日は連続3日目の舞岡公園(ちょっと異常ですね) 229440947_33
昨日はデジスコなし、*istD + 90mmマクロで草花や小動物の撮影(本当は鳥よりも草花の方が好きなのです)

| | コメント (0)

2006年9月24日 (日)

昨日の思いはどこへやら

227632160_248s_1 昨日の悔しい思いを払拭するため、今日も午後4時半を目指して昨日の場所(舞岡公園さくらなみ池)に...

家から車で5分くらいで行けるので3時過ぎに家を出て、公園内を散策しながら4時過ぎに現地へ。 227632160_167s_1

4時12分、池の中程にある人口島のとまり木にチョコンととまってこちらを見ている。二度三度ダイビングをして小魚を食べ15分ほどで近くの池の方に飛んで行った。

227632160_57s_1  帰りに、もう一つの池でも再会、おまけにコゲラ、シジュウカラ、ヤマガラにも会うことが出来、大満足であった。

| | コメント (0)

2006年9月23日 (土)

かすがえすも(>_<)

226926089_210 帰って来て家族の撮った写真を見ていたら、なんと4時35分にカワセミが写っている。当人も気がついていない。あんな近くにとまっていたのに気がつかないで帰って来てしまった。
ガックリ!!

| | コメント (0)

秋分の日

226809482_7s_3   久しぶりに舞岡公園に出かけた。20日ぶりである。本当は昨日行くはずだったのだが、体調が悪くて順延になった。
台風14号はそれたらしくすっかりよい天気になって、おまけに涼しくて(暑さ寒さも彼岸まで)今日はカワセミ君に会えるだろうと確信してきたのだが、いつもより沢山の人がいてカワセミ君も遠慮したらしい。226809482_250s_1  

いつもの池でデジスコを構えて待っていると、カメラをさげたおじさん(自分も十分おじさんだが)が話しかけてきた。おじさんは鳥ではなく蝶々の撮影らしい。例によってカメラの液晶モニターを見せあって半分自慢をし合う。オヤ、この人NIKON D200だ...もしかしたらあのWebのオーナーか?

226809482_160s_1 おじさんの話によると昨日の4時半にカワセミ君が来たらしい。4時半まで待ったが来てくれなかった。

今日は秋分の日で、土曜日で、公園の案山子大会で...
やはり昨日くればよかった。

あのWebとは http://myhill.wetwing.com/index.shtml
だが、どうも違ったようだ。

写真 ニリンソウ、ハンカチ王子、稲葉乳母

| | コメント (0)

2006年9月18日 (月)

大作に挑戦

223231994_25s_1 月に2回通っている陶芸教室で、大作への挑戦が始まった。
土鍋を作っている。鍋といってもご飯が炊けるもので、蓋が二重になっっているタイプである。
蓋がある物は「蓋物」と呼ばれ、難しいとされている。今まではほとんど気にすることがなかった「寸法」に関して、組み合わせる相手がいる訳だから気にせざるを得ない。
しかも、乾燥させ、焼くと寸法が大きく変化する。鍋本体が縮むのと蓋の縮むのとが同じ割合なら問題にならないが、どうも違うらしい。
よく分からないから、どっちに転んでも良い様に作るしかない。223231994_91s_1  
そんな蓋が二つもあるのだから、組み合わせ部分のピッタリは最初から期待していない。
どんなできであれ、自作の土鍋で炊いたご飯をおいしく頂くのは、そう遠いことではない。

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

1000万画素のPENTAX

会社で、明日待望のPENTAX 次機種 (K10Dと言うらしい)が明日リリースされると言う噂を聞いた。
海外でリークした情報を見た、魅力的である。
・1000万画素
・防水ボデー
・手振れ補正
・センサーゴミ対策 : 欲しかった機能がしっかり付いている。
・連写性能 不明 : AFのスピードは変わらないのだろう。

電池がリチウムイオン(二次電池)に : 単三が使えない。
SDカードに : Maicrodriveが使えない。

11月発売とか、ボデー\100K位 *istD下取りに出して手が届くかな。

| | コメント (0)

2006年9月12日 (火)

BS1、2はアナログ?ディジタル?

NHKのアナログハイビジョンが来年9月で終了すると言うことを知った。BShiの事ではない。BShiとアナログハイビジョン(BS9ch)は別物である。このことは、はっきり認識していなかった。
ディジタルテレビを買ったら、今までアナログTVで見ていたBS1,BS2と(MUSEデコーダが無いから見えていなかった)BSハイビジョンが見えた。
その時はまだ地デジの電波が届いていなかったので、BSハイビジョンビジョンの綺麗な画面に感激したのを覚えている。

BS1とBS2は以前と同じ内容の放送をしているので、アナログの電波をとらえているのだろうと何となく思っていた。しかし、良く考えてみると家のテレビにはBSアナログのチューナは着いていない。とすると、....

BS1,2は両方の電波が来ているのだ(別々の衛星から)、地アナと地デジと同じように。
地アナと地デジは明らかに綺麗さが違う(ディジタルはすごい!) でも、BS1,2のアナログとディジタルとの画質の違いはほとんど無い。画質の違わないディジタルの存在意義は??

| | コメント (0)

2006年9月 5日 (火)

デジスコと望遠一眼レフ

私の撮影機材はデジスコと一眼レフ
デジスコは30倍のフィールドスコープ(35mmカメラ換算で1200mm)とデジカメの3.5倍ズームで合計4200mmになる。
確かに大きく写るが、シャッタースピードが1/16秒とか1/4秒になり、じっとしていない鳥をブレなしで撮ることはなかなか難しい。

一眼レフの方は28~300mmのズーム、これでは鳥のアップは難しい。

舞岡公園に行くとデジスコ派はほとんどいず、一眼レフに400mm~600mmをつけた人が多い、1.4~2倍のテレコンをつけている人もいる。いづれにせよ400mm~1000mm位である。
HPを見ても400mmでシジュウカラ、カワセミを鮮明にしかも連写で羽ばたきの瞬間を切り取っている。相当速いシャッタースピードで撮れているようだ。

大きさを取れば瞬間が切り取れない、まさに不確定性原理に悩ませられるハイゼンベルグの心境

| | コメント (0)

2006年9月 3日 (日)

11回目の舞岡公園

211976178_109s_1 今年の3月に家族で初めて訪れてから、今日でなんと11回目になる。舞岡公園は名前は公園だが、昔の田舎の風景をそのまま残ことにこだわってるので、気が休まるのかもしれない。

家族でそれぞれカメラを持ち好き勝手に気に入った景色を撮る訳だが、ここには感じ方は違うが共通の素材があるのが、飽きずに回を重ねる理由である。

今回もカワセミ君とゴイサギ君に挨拶をすることができたが写真は「集合中の雀」と「案山子」。 211976178_25s_1
田圃の稲に実がついたので鳥除けの網を張っている。案山子も鳥除けのつもりであろう。
雀は網があるから稲をついばめない。しかし、大勢で一斉に網に乗れば重力で網が下がって稲穂に届くと言うことを知っていて、集団で網に乗っかる。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »